仮想通貨に関する予備知識(初心者向け)

「最近よく耳にする仮想通貨ってどういうものなの?」
「仮想通貨を始めてみようと思っているけど、将来性はあるの?」

昨今、コロナ渦の影響で仕事を失ったり収入が大幅に減ったりする中で「最近よく耳にする仮想通貨を始めてみたい」「会社の給料以外にもキャッシュポイントを持ちたい」と考える人が増えているのではないでしょうか?自分もその一人です。

最初は仮想通貨に関する知識が無いため、本を買って読んだり、セミナー動画を観たり、貯金のある人は有料セミナーに参加したりして、自分のお金や時間を投資して準備をする人もいるかと思いますが、あとになって「こんなに難しいとは思わなかった」「やらなければ良かった」「別の副業に時間やお金を投資すれば良かった」と後悔したくないですよね。

この記事では、これから仮想通貨を始めたいと思っている人向けに、
仮想通貨とはどのようなものなのか、仮想通貨に将来性はあるのかについて解説します。

仮想通貨って何?

仮想通貨(暗号資産)とは、電子データのみでやりとりされる通貨のことで、法定通貨のように国家による強制通用力を持たず、主にインターネット上での取引などに用いられます。デジタル通貨とも呼ばれたりします。

2009年に運用が開始されたビットコインの登場以来、アルトコインと呼ばれる派生の仮想通貨等も次々と生まれ、法定通貨と仮想通貨を交換する仮想通貨取引所と呼ばれる仮想通貨交換業者も登場し、仮想通貨の保有が急速に広がりました。
仮想通貨は、インターネットを通じて不特定多数の間で商品等の対価として使用できるもので、ビットコインをはじめとして様々な種類が存在し、取引量は増加傾向にあります。
仮想通貨の拡がりに伴い、仮想通貨に関する法制度の整備も促進されています。

仮想通貨の将来性について

2013年から2017年にかけてビットコイン等の仮想通貨は「消費者」レベルでの取引が多かったですが、2017年から2022年にかけては「機関」による投資が進む段階だとされています。ビットコインの次の進化が始まる段階として2022年が設定されており、それ以降を「ビットコインバンキング」の時期として予測している研究者もいます。
その際には、ビットコインによる銀行預金、保険、投資商品、国境を越えた支払い、ソブリン通貨といった顧客向けの主要サービスが取り扱われると予測されています。

また、仮想通貨の筆頭サービスとして挙げられるビットコインですが、今後、仮想通貨での投資をお考えの方は、ビットコインの動向を必ずチェックしておきましょう。
ビットコインは2020年末から値上がりをはじめ、2021年に入っても順調に値上がりしており、最高値を更新しています。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして、仮想通貨で稼ぐための第一歩を踏み出してみてください!