FXで失敗した時に立ち直る方法

「副業でFXをやっているけれど、失敗してしまってもう立ち直れない」と感じている人もいると思います。
確かに、本業で稼いだお金を副業であるFXに投資して、時間を割いてFXをやっているのに、失敗してしまったとなれば、落ち込んでしまう気持ちもよく分かります。
今回は、そんな失敗して気落ちしてしまった人が、立ち直るコツを解説します。

まず、1つ目のコツは「過去の自分を振り返る」です。
皆さんは、一番始めの頃、まだトレードを始めたての頃の事を覚えているでしょうか?
その時は、何がなんだかさっぱりわからなかったですよね。
その時に比べて、今の自分はどうでしょうか?
「成長している」と感じますか。あるいは、「全く成長していない」と感じるでしょうか。
おそらく、多くの人は「まぁ、最初の頃よりはマシになったかな」と思うとおもいます。
それならば、まず自分を肯定してあげましょう。
「最初よりはマシになっている。成長している」と。
そうしたら、少しだけ元気が出てくるのではないでしょうか?

2つ目のコツは、「失敗と向き合う」です。
そうはいっても、肯定だけで人は強くはなれません。
時にはそれなりの負荷が必要です。
ある程度の肯定が終わり、向き合う気力が出てきたら、失敗した現実と真正面から向き合いましょう。
「運が悪かった」みたいな向き合い方ではなくて、もっと論理的な向き合い方です。
確かに、これをすると辛いです。なぜなら、「自分が悪い」という事になってしまうから。
ですが、向き合わなければ、何も始まりません。また同じような失敗を繰り返さないために、向き合ってみましょう。

3つ目のコツは、「本当にやりたいこと」です。
では、向き合った上で、皆さんは「まだFXを続けたい」と思うでしょうか?
もし思えないのであれば、気分転換するか、あるいは本当にやめてしまうのもありだと思います。
ですが、失敗と向き合った上で、「それでも、まだFXをやりたい」と思えるのであれば、ぜひもう一度やってみてください。
そして、もう二度とこんな失敗をしないと決意するのです。

これで、また1つ目のコツになりますが、「成長している」という事になります。
また一つ、失敗をしなくなって成長したのです。
FXはこのようなサイクルの繰り返しで、少しずつ上手くなっていきます。

今回は、FXで失敗した時に立ち直る方法について解説しました。
皆さんも、「失敗したからもうダメだ」と思うのではなく、真剣に失敗と向き合い、もう一度立って欲しいと思います。